博多明太子とは

明太子とは

明太子の原料はスケトウダラの卵。
それを塩づけしたものを「たらこ」といいます。
たらこは、よくききますよね。

福岡・博多では明太子とか、辛子めんたいとよびます。
明太子を最初に作ったのは、「ふくや」の先代・川原俊夫氏。
川原夫妻は戦前、釜山にいて「タラコのキムチ」を食べていたそうです。

戦後日本にひきあげてきて、釜山で食べていたタラコの味が忘れられず、日本人の口にあう味にして売り出そうとかんがえたのですが・・・・。
納得のいく味を出すまでになんと、10年もかかったというのです。
(それまでの苦労はいかばかりか、奥さんの協力が大きかったようですよ)

明太(ミョンテ)(朝鮮語でスケトウダラのこと)の子ということで川原氏が「明太子」と名付けたのです。
今では、辛子明太子は全国的に有名です。
とくに「ふくや」は明太子の元祖ですから全国的に名前が知れています。
私個人的には、ふくやの辛子明太子は大好きです。

ふくやは最初は中州に小さな食料品店からのスタートでした。
今のふくやは、川原氏の明太子のおいしさへの追及、お客さん・家族・従業員への大切な思い、苦労と努力の積み重ねでできているのです。

料理が楽しくなるめんたいこレシピの無料レポート

明太子レシピ
博多明太子人気店の「ふくや」「島本」「かねふく」の公式サイトでも紹介されている「めんたいこレシピ」をまとめた無料レポートをダウンロードできます。明太子はただご飯に乗せて食べるのではなくて、和洋中を問わず色々な食品との相性もいいので、色々な料理が楽します。
無料レポートには、各店舗に寄せられた愛用者の投稿レシピ、店舗スタッフ自慢のレシピ、そしてそして当サイト管理人の力作レシピなどを図解式でわかりやすく紹介しております。

また無料レポートをダウンロードされた方には、掲載店舗のお得なキャンペーンや新商品情報などもらってお得な嬉しいメールマガジンの定期便を受取ることもできます。どうぞお気軽に「明太子レシピ無料レポート」をダウンロードしてくださいね。
「明太子レシピ無料レポート」を請求する場合は必ず特定電子メール法に基づく表記に目を通してください。

明太子レシピは簡単入力でダウンロードできます。